設計指針

風景の一部になり、何代にも残していきたくなる家をつくります

うちの事務所ではどこにでもありそうだけど誰も変とは言わない、普遍的でシンプルな家をつくるつもりです。住んでからのお客さん自身が工夫を生んで楽しんだり、住みながら家を育ててくれる形を理想としています。また、大好きな北海道の気候風土に合い、周りの風景の一部になるような家を目指しています。

家を建てるということは、土地を造成したり構造や仕上げ材として木を使用したりと、少なからず自然をこわす行為だと思っています。せっかく自然から恵みをいただいて家を建てるのだから、20~30年で壊される家ではなく、長く住まわれる家を建てることが建築に携わっている私たちの仕事だと思います。
長く住む為には、北海道の厳しい気象条件で、従来の木造在来工法を改良した、構造・気密断熱性能・換気暖房計画・通風・デザインの全ての面で妥協しない設計、住んでから最小限のエネルギー消費で生活できる家、変化する家族構成などに対応できる設計が不可欠と学んできました。
 
基本的に使う材料は、安全性や長く使って安心感のあるもの、キズなども風合いになり家族の歴史も一緒に出てくるような質感を大事にしています。木・石・金属・土・紙など、後々手に入れやすい、下地材や身近な素材、自然素材に興味を持っています。
構造は木造在来工法とツーバイ工法のあわさったもので、スパン(梁)の自由度が高く、合板等の面構造を組み合わせて強度を高めています。
 
プランニングのご相談の際には、一つ一つの部屋の大きさに拘るより、どんな風景を見て暮したいとか、家族と一緒に何をしたい、どんな暮らしをしたい、こんな趣味がある、普段どんな仕事をしていて家にいる時間はどれくらい、という話を気軽にお聞かせください。